今回ご紹介するコースは、奥戸総合スポーツセンター体育館をスタートし、中川下流エリアを周回する全長14.2kmの「中川下流コース」です。

特徴として、綾瀬川・荒川方面では緩やかなカーブが多く、亀有から新中川方面では比較的長い直線が続くため、どちらも楽しみたい方にはオススメのランニングコースとなっています。また、コース途中の橋を利用することで自身に合った距離に設定することも可能です。

こちらのコースでも素晴らしい景観を眺めることができます。コース沿いにある東立石緑地公園(東立石4-6-10)からは、中川の湾曲した姿に、世界一高いタワーとしてギネス世界記録に認定された「東京スカイツリー」や世界初の曲線斜張橋である「かつしかハープ橋」を同時に臨むことができます。その風景はランニングの疲れを吹き飛ばすことでしょう!

是非、本推奨コースを走ってみませんか?

また、記念に撮った写真を【#ランフェスタ2021フォトコンテスト】に応募してRUNフェスタを一緒に盛り上げていきましょう!!(フォトコンテスト限定の副賞もございます。)

※詳細なコース図は「コース&おもてなし紹介」ページを参照してください。
※本コースはランナー専用のコースではありません。歩行者を優先し、信号や横断歩道など交通ルールを遵守して安全に活用してください。